FC2ブログ
 
いじめ、事件や事故に巻き込まれる子どもがなくなるようにと願いを込めたブログ
 
子どもを守る! ~ 子どもの教育を考える ~
  私たち夫婦には、子供がいません。
しかし、実の子どものように可愛い甥や姪は、たくさんいます。
子どもがいないからこそ、いかに子どもが大切な存在か感じています。
事件や事故のニュースを見るたびに、胸をえぐられるような痛みを覚え、涙します。

すべての人の命は尊いものです。

ですが、現在の社会では、大人は子どもを守ってくれないことも。
みんなで「子どもを守る」ことで、自分自身や、愛する者を守り、
そして、より良い社会を築いていきましょう♪

一生懸命に教育される教師の方、真摯に対応される教育委員会の方もおられるでしょう。
感謝こそすれ、そんな方たちまで非難までしたい訳ではありませんが、
教育現場、また監督する組織の中にある改善されない部分は、おかしいことだらけです。
こんなひどい対応を受けた1番の被害者は姪です、まだ子どもなんです。
現在、担任教諭は反省していると思われます(?)が、姪には事件は終わっていません。
対応の遅かった学校、教育委員会の問題点は、きちんと検証するべきだと考えます。
そうでなければ、同じことが繰り返されるのです。現に繰り返されているのが現状です。
このブログでは、個人を特定するような情報は、なるべく出さないように心掛けています。
姪のいじめに関する記事は、すべて親の言葉、想い(の代弁)です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月26日(土)~公開

ぜひ、子どもさんと観て欲しい映画だなと思って、紹介することにしました。
元は、子どもの本ですが、大人にも充分に楽しめる映画です。

11歳の少年ジェスは、貧しい家庭でのけ者気分をかみしめ、学校でもいじめられっ子。
それが、とびきり個性的で活発な少女、レスリーと出会い、空想の世界で遊ぶ。
しかし、あまりにも過酷な出来事が、幼いふたりにふりかかる・・・


短い上映時間の中で、人生のいろんな出来事が散りばめられています。
主人公のジェス、レスリーが健気で可愛くて、それで余計に泣けてしまうのですが。

どんな人にも弱いところはあるし、ある一面だけを見ていたら分からない。
そんな事も、さらりと映画で教えてくれます。

友人、先生、そして、家庭での両親との関係・・・
いじめのバカバカしさも、きっと理解出来るでしょう。

人から愛されたいと思うばかりでは愛されず、
見方が変われば、実は愛されていた事実に気付くのです。

そして、命の尊さも。

子どもの頃に、良書、良い映画、良い絵・・・に出会うことは大切です。

現代の子どもたちは、想像力のなさを指摘されて久しいですが、
空想の楽しさを、この映画をキッカケに知ってもらえたらと思います。

人(の痛み)を思いやることも、想像力なしには理解出来ないと思うから。


空想の世界で夢を見たまま、大人になったオバサンより。笑


子どもの実情を広く知っていただく為、1日1回1クリック、応援をよろしくお願いします♪

人気ブログランキング  にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ  くつろぐランキング  FC2ブログランキング
人気blogランキングへ / 教育ブログ / ブログランキング / FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。