FC2ブログ
 
いじめ、事件や事故に巻き込まれる子どもがなくなるようにと願いを込めたブログ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもを守るには、みんなで意識を変えていかなければならないと考えています。

これからのブログで、家庭環境や、教育現場の状況などを書いていきますが、
それと、もうひとつ、一歩外に出ると、あちこちで、情けない状況に遭遇します。

こうした、大人の身勝手な行動が、今の子どもたちに、バレなければ良いとか、
いじめた者勝ちなどの形で、しわ寄せがいってないでしょうか?

同じように、自分も、周囲に対して、そんな気にさせてはいないかと、
行動や言動、心の中で思ったことについても、点検、反省するように心掛けています。

「当事者」のような状況に陥ったおかげで、ごく普通(?)のお節介オバサンが、
どうにもタマラナクナリ、こうして、ブログで問題を訴えかけようと思い立ちました。

他のクラスメイトの為に涙する、そんな優しい姪を思うと、
「行きたくても行けない学校」って、一体、何なんだろうと思うのです。
学校へ行けなくしたのは、教師なのですから・・・

偉そうなことも言うと思いますが、元は、ごくごく普通の人間です。
姪のことではあっても、共に傷付き、時に涙を流し、当事者の姪自身に、
『おばさんが泣くことじゃないでしょ!』と、なだめられるような。汗

悲しい子どもたちの現実を見たり、聞いたり、読んだりすると、
どうしようもないほど泣けてきて、そして、どうにかしなければと奮い立つのです。

出来ることなら、誰も、こんな事などしたくはありません。
門外漢で、「大変ねぇ」とでも言っていたい。

けれど、自分がやらなければ、誰も変えてくれないのです。
自分1人では弱いから、同じように心を痛めている人、今の世を憂う人を集め、
み~んなで、大きな声を出し続けて行かなければならないのです。

こんな、つたないブログで、言葉が足りないかも知れません。
時には、言葉遣いも荒くなるやも知れません。

けれど、その奥にある、「想い」を読み取っていただけたら幸いに思います。


子どもの実情を広く知っていただく為、1日1回1クリック、応援をよろしくお願いします♪

人気ブログランキング  にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ  くつろぐランキング  FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。